読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUKUOKA→TOKYO

九州で一人暮らしを始めて1週間を経過して、あっという間にお盆になり東京に帰省した。

f:id:shiodoki_dayo:20160808154929j:image

 

f:id:shiodoki_dayo:20160808154934j:image

まず会ったのは高校の同級生2人で、地理的に疎遠になってもこういう場合に駆けつけてくれるので本当に有難い。

 

九州の家は一人暮らしに充分な広さではあるが、1週間は慣れない一人暮らしと新しい外部環境に翻弄されて、自分1人の事で頭がいっぱいだった。

 

ただ変わらないのは、会社に対する帰属意識よりも、会社の報酬に見合っただけの労働をしようという考え方だけ。定年後再雇用者に「3年後のキャリアパスも考えておいた方がいいよ。」と言われて、若さを消費しに今の会社に働いているのかと思うと余計にやる気が削がれる。それにそもそも、仮に3年計画で働くとすると、実家で適当にアルバイトしていた方が今よりも可処分所得が多い。そういう事実に同期も薄々気づき始めたのか、転職を考え始める新入社員もチラホラ。

 

そんなことを頭に入れつつ、今晩からイランに行く。「1人で海外旅行なんて怖くないの?」と支店の人によく聞かれるけれど、どう考えても仕事と家の往復の生涯の方が怖いという考え方なので、これからイランに行く事は後悔していない。友人には「趣味に生きてるね」とも言われたが、本当にその通りで、趣味なしには生きられない。

研修が終わる

4ヶ月の研修が終わる日が明日来る。自由奔放に過ごしていた学生時代の生活から、門限は21時で壁の薄く、PCは持ち込み禁止、部屋にテレビなしの、プライバシーのない寮に監禁される生活に激変した。

 

就活時代に読み込んだ転職活動には「研修期間はお金がかからなくて楽しかった。」とコメントが寄せられていたが、私にとって研修期間は黒歴史のようなもので楽しいとは言えない日々だった。

 

研修期間の給料は時給換算したらアルバイト賃金よりも低いし、監禁しているのに三食食べるから体重は増える。そして平日は寮内で全ての人間関係が完結するため、視野が驚くほど狭くなる。

 

もちろん気があう友達も中にはできたが、全体的に営業職は幼稚で、PPのレーザーポインタで遊ぶ始末。それも24歳以上のはずの6年間大学卒の人達にもそれが当てはまるから驚きだ。何せ、中学校の段階で淘汰されているであろうような人格の人がここにはいる。少なくとも、高校~大学にはこのような低レベルな人間はいなかった。(愚痴はここまで)

 

平日は鬱憤が溜まっているために、週末はストレス発散にクラブに入り浸っていた日々。社会人になって、成長するどころか余計に拗らせた気さえする。

 

土曜日には福岡に飛ぶわけだけれど、研修部曰く3年経てば女の人の異動希望は通り易いらしいので、早いところ東京に帰りたい。

六本木 deリムジンとスカイツリー

今週末も金曜日から遊び倒してきた。

 

金曜日はイランに渡航歴がある人の集いで、発展途上国を旅するのが好きな女子大生や中国鉄道に想いを馳せる人達と高円寺にあるペルシャ料理。シーシャも久々に吸った、自分よりも歳下の子が既にイランに渡航していたのでなんだか勇気が湧いた(?)それから人生の軸に旅行を置いている似たような価値観の人に会えたのもまた良かった。こういった考えの人達には会社での付き合いでは到底巡り合わないから、逆に新鮮でとても楽しかった。

 

店だけの写真を撮り忘れて載せられないのが残念!

 

六本木v2には大学3年生ぶりに訪れたが、渋谷と異なって客層もいいしクラブまでリムジンで送迎してシャンパンまで飲めるサービスが無料で何軒もハシゴした。

女性入場料無料なのはいいけれど、音楽を楽しむというよりナンパ目的で集まっている人が多くて残念だった。

v2以外で別の箱を開拓していきたい。

f:id:shiodoki_dayo:20160724234013j:image

 

f:id:shiodoki_dayo:20160724235014j:image

 

f:id:shiodoki_dayo:20160724235019j:image

 

f:id:shiodoki_dayo:20160724235024j:image

 日曜日はTOEICも受けたが、高校時代の友人とスカイツリーを見納めした。時間の関係上展望台は諦めたけれど、初めてソラマチをしっかり観光した。

 

赴任前に飲もうと誘ってくれる友達は、今後とも大事にしていけたらいいな。いや大事にしなければ。 

 

三連休終了の意気込み

f:id:shiodoki_dayo:20160718160018j:image

agehaの泡パーティ

f:id:shiodoki_dayo:20160718160021j:image

 agehaのフィナーレ、打ち上げ花火

 

夜遊びをすると昼間は自動的に消えるので、あっという間に三連休が終わってしまった。

 

明日はテストもないので本配属になってから始めたい事リストでも書こうと思う。

 

①料理

折角一人暮らしを初めてするのだから、タイ料理を作れるようになりたい。小石川にあるベトナム料理屋の領域を目指して、人にふるまえる程度には上達したい。

 

②福岡のクラブを制覇

クラブに浸れるのは25歳まで、という自分の中の線引きを踏まえて東京のみならず福岡のクラブも制覇したい。

 

③英会話

折角短期留学に行って少しは喋れるようになったはずなのに、喋る機会がない。というより英単語を喋るものなら、ルー大柴みたいと同期に指摘されてしまう始末なので、専門用語以外の英単語にすら触れる機会もない。だから仲間を増やすためにもグループ制の英会話に出来れば通いたい。

 

④親孝行

引っ越しの家財やらに随分負担してもらったので、少なくとも九州旅行に招待してあげる程度はね。

 

ゴルフは強要されない限りやりたくない…

 

 

約1カ月ぶりの投稿

配属が決まってから、フィールド研修であったり気晴らしのクラブであったり、テストと忙しくなかなか投稿が出来なかった。そして今なんと時は早いもので2週間後には配属地に赴任しているから驚きだ(とはいえ8/6-16までは夏休みだから実家に直ぐ帰るのだけれどね。)

 

この1カ月の間に研修ノートを通じで人事部から叱咤されたり、クラブ通いの週末がマンネリ化してきたりと変化もあったが、それで自分に何か影響を受けたかと言われればそうでもない。

 

ただ2週間後に赴任してからは、これまでのように容易く学生時代の友人に会えなくなるので、それなりに覚悟が要るとは思っている。というのも、自分で言うのも何だが、個性的な人間なので周囲に理解してもらうには最低でも3ヶ月はかかると思っているし、それが歳上の上司に受け入れられるかは甚だ疑問だ。

 

それからよく自分に甘いと言われるのだけれども、仕事はプライベートを充実させる手段であって自分の人生総てではないという考え方なので、仕事に関しても手を抜けるところは抜いて正解だと思っている。

 

結局何が言いたいかというと、2年目の社員で既に5人は身体を壊して休職中らしいから、本配属になってもほどほどにねという話。

 

f:id:shiodoki_dayo:20160717235113j:image

明太子丼

 

f:id:shiodoki_dayo:20160717235129j:image

 納涼船

 

f:id:shiodoki_dayo:20160717235149j:image

 showtek

配属先が決まった

先週の金曜日についに配属先が決まった、希望通りと言えば希望通り。国際空港がある都市がいいという希望を出したら、一応その通りの博多に移住することが決まった。

 

発表当日は内陸の僻地とばかり思っていたものだから、この結果には大喜びした。ただ毎週末クラブに行く生活にピリオドが打たれると思うと悲しいし、大学〜高校の友人とこれまでのように頻繁に会えなくなるのは寂しいものだ。

とは言え、監禁生活だったから平日はこれまでも社外の人とコミュニケーションをとれなかったのだけれど。

 

元々楽観的な性格なのもあるけれど、初めての一人暮らしは楽しみだ。学生時代に親の監視下に置かれるのが嫌で、実家の近所の賃貸物件一人暮らししようとして、両親に大反対されたのを思い出す(笑)

 

因みに賃貸物件は東京の1/3ほど?で、新築マンションに月7.5万円で住める。地方都市ならではの楽しみ方もまたアリなのかと。どうぶつの森のようなスローライフに期待したい…

 

勤務地が東京になるのは最低でも1-3年かかるので、みんな博多に遊びにきてね❤️

監禁生活、気付けば6月中旬

また息の詰まるような規則の厳しい寮に戻ってきた。今週末に配属が決まるので、毎日心が落ち着かない状態で継続して研修を受けている。

 

社会人になれば自分の視野は広くなるものだと思っていたけれど、研修の段階でその前提は断たれた。

 

この配属先次第で私の人生のうちで貴重な20代前半が決まる、と思うと深刻に受け止めてしまう。例えどこの配属に決まろうと、私は私であるけれど、周囲の人間に個性を潰されるような環境が待っているかもしれないし、ネガティヴな思考が止まらない。

 

本配属までに毎週末、クラブで若さを楽しみたい。