残業パラダイス

グループワークのディスカッションがあるので、毎日2時間半ほど残業をする日々が続いている。プロの講師の話し方や態度の講座も、あまりの古典的な手法に辟易するけれど、いちいち深く考えていても無駄にエネルギーを消耗するだけ。なので、最近は指示された非効率的なやり取りを受け入れるようになってきた(日系企業ならでは)

第一プレゼンを模造紙で発表する時点で非効率的だし、PC持ち込み不可なのはもっと理解に苦しむ。日経新聞を配布してくれるのはありがたいけれど、今時紙媒体って私達デジタルネイティヴ世代なんですけど…。 と内心突っ込みどころ満載。

グループワークの内容は、「プロ社会人とは何か。」なのだけれど、労働者視点のプロと雇用者視点のプロとでは意味合いが変わってくると思う。そんな社畜養成講座のような講義を詰め込まれる毎日。