読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

監禁生活、気付けば6月中旬

また息の詰まるような規則の厳しい寮に戻ってきた。今週末に配属が決まるので、毎日心が落ち着かない状態で継続して研修を受けている。

 

社会人になれば自分の視野は広くなるものだと思っていたけれど、研修の段階でその前提は断たれた。

 

この配属先次第で私の人生のうちで貴重な20代前半が決まる、と思うと深刻に受け止めてしまう。例えどこの配属に決まろうと、私は私であるけれど、周囲の人間に個性を潰されるような環境が待っているかもしれないし、ネガティヴな思考が止まらない。

 

本配属までに毎週末、クラブで若さを楽しみたい。